「GIQ子供能力遺伝子検査」ってなに?

あの人は才能がある。(あるから、あるので)
人は良くそんな言い方をします。
誰でも持って生まれた何かしらの才能を持っていると言われます。
同じ努力をするのでも、やみくもに取り組むより「持って生まれた伸びるべき才能」を延ばしてあげる方が結果は出やすいですよね。

できることなら早いうちの方が良いに決まってます。
私もそうですが、世の大人の大半はそんな後悔の念を持っているような気がします。
幼少期のうちに才能に気付き、それを開花させることに注力すれば、さほど苦労も無かったのでは。
そんなふうに思ってしまいます。

もちろん学力に関しても同じようなことが言えるでしょう。
子どもの学力の半分は遺伝とも言います。だとすれば、もう半分の努力で済むわけです。

そんな能力の見つけ方やその検査方法、具体的にどんなことがわかるのか。
その信憑性、や評判、価格などを解説します。
さらに、どのように役立つのか、役立てられるのか等々も検証します。

GIQ子ども能力遺伝子検査とは

GIQとは 「Genom Inteligence Quotient”」の略。
訳すと「ゲノム(遺伝子情報)の知能指数」のことを指しています。

まず、子どもの遺伝子を検査して能力を解析します。
検査結果を分析し、その活かし方をアドバイスしてくれるサービスが「GIQ子ども能力遺伝子検査」です。

GIQ子ども能力遺伝子検査では、遺伝子情報から子どもの能力を測ります。

これにより、普段の行動からは判断できないような能力や可能性の傾向を知ることができます。

あなたも一度は聞いたことがあるサービスではないでしょうか。
前述しましたが、子供の学力は遺伝子によって半分決まっているそうです。
でも、そんな大事なことが何故わかるのでしょうか?大事なことだけに少し疑問ですよね。

どうして子供の学力の半分は遺伝子で決まっているの?

イギリスの総合学術誌「Nature Communications」をご存知でしょうか。
「ネイチャー」と聞けば少しピンと来るかも?
そこの研究結果によれば「子どもの学力の半分は遺伝子によって決まる」ということです。

ものは捉えようで、「半分も遺伝なのか」と落胆する親もいるかもしれません。
しかし、逆に考えてみてください。
もう半分は努力や環境で何とかできる!ということです。

50%の遺伝子結果の才能傾向を「半分しかない」と見るか「半分もある!」と捉えるのか。

また、この割合が大きく50%以上の子も、以下で10%に満たない例もあるでしょう。
でも、たとえ10%であっても平均的に他の子が持たない遺伝子傾向もあるかも知れません。
大切なのは、子どもが生まれつきどのような能力を持っているのか把握すること。

それが可能なわけですから、あとは得意な分野をもっと々伸ばす努力に注力すれば良いだけですよね。
その経験値を活かしながら、「苦手なことも克服できるんだ!」という学習環境を徐々に整えてあげればどうでしょう。

才能の部分を事前に理解することの強み、メリットを最大限に活かしていけば良いだけ。
「努力のやり方」が正確にわかれば、お子様にとっても親にしても負担なく効率が上がるのは間違いありません。

メディアやニュース、芸能界のスキャンダルの影響もあってか昨今では遺伝子検査ブームのようです。
この10年ほどの間に、技術の向上は目まぐるしいものがありました。
それに伴いコスト低減、多数の一般企業の参入も年々増え続けています。
その結果、日本でも海外でもお子さんの遺伝子検査を受けるご家庭が右肩上がりに増えている現状です。

GIQ子ども能力遺伝子の検査方法とは?

検査と言うと、申し込みや手続き方法がめんどくさそう・・
また、痛いののかな?血液や細胞を採ったりはイヤだなぁ、なんて思ったりしますよね。
大丈夫です。
医療機関や研究所に出向く必要もなければ、痛みを伴う検査もありませんよ。
専用の綿棒を使い、頬の裏の細胞を採取するだけです(強く引っかいたりする必要はありません、軽く撫でる程度でも大丈夫です)。
もちろん自宅でできます!

キットが自宅に届くので、マニュアルに従い採取したのち、細胞を返送すればOK。
あとは、だいたい30〜60日ほどで解析結果が送られて来るシステムです。

安心の国内検査【GIQ子ども能力遺伝子検査】公式サイトはこちら

GIQ子供能力遺伝子検査で何がわかるのか

以下の3つの分野から、それぞれの役割に関係する遺伝子を解析します。
これにより、子どもの能力の一部を解き明かすわけですね。

学習能力 身体能力 感性能力
BDNF(記憶力)
CHRM2(判断能力、理解力、分析力、推理力、読解力、計算力)
SNAP25(知性、認知能力、図形認識力、想像力)
ACE(耐久力)
ACTN3(速度、瞬発力(反射力)
mtDNA(持久力、エネルギー生産効率)
COMT(記憶力、注意力、忘却力、ストレス耐性力、勇気)
CHRNA4(リスク管理)
S-HTT(ストレス耐性)

以上の項目の中より、知りたい能力を選択して検査を行います。
これらをすべて選ぶことも可能です。

「GIQ子供能力遺伝子検査」の知名度は?

以下、各種メディアにて紹介された実績があります。
TBSテレビの番組「いっぷく」
実際の検査方法などが紹介されました。
フジテレビの「とくダネ!」

検査機関である「サクラアズクリニック天神」に関連する紹介内容でした。
「NHKスペシャル」
「NEWS ZERO」
「おはよう日本」
「女性セブン」

一部はYouTubeで視聴することも可能です。
ググってみてはいかがでしょうか。

「GIQ子供能力遺伝子検査」の口コミ・評判はどう?

他社競合と比べてサービスや評価はどうなんでしょう。
その前にどんな会社なのか気になりますよね。

運営企業とは?

「株式会社ショウイン」というところがやっています。
「ショウイン式」で有名な個別指導塾「松蔭塾」を運営している会社でもあります。
比較的規模の大きな塾で、日本全国に校舎や加盟校を展開しているようです。

事業の一環として、この「松蔭塾」では遺伝子検査を実施しています。
新たに、それを活かした指導とサービスを、塾生でない人にも提供を始めました。
それが「GIQ子ども能力遺伝子検査」というわけです。

遺伝子検査の中では知名度・実績もあり、中々人気が高いようですね。

テレビで話題【GIQ子ども能力遺伝子検査】公式サイトはこちら

評価の高い3つのポイント

相場と比べコスパ高し。

例えばカテゴリー個別に知りたい場合などお得なようです。
学習能力だけ、他はいらないという場合などです。
各能力を個別で申し込む場合は他社と比較してみるのも良いでしょう。

安心・安全なプライバシーポリシー「国内の検査機関が担当」

遺伝子情報と言えば、一生変わることのない大事な個人情報になります。
残念ながら、国外の検査機関を利用している企業も多いのが実情です。
国外流出について神経質になられる方もいらっしゃると思います。

また、検査機関の所在を明らかにしていない場合も少なくありません。
こんなので情報の管理は大丈夫なのか?と、不安になりますよね。

GIQ子ども能力遺伝子検査では、国内の検査機関「DNA FACTOR(ディーエヌエーファクター)」を利用していることが公表されています。
所在を明らかにしていますので、そのような不安は払拭できると思います。情報漏洩のリスクは極めて無いと言えるでしょう。
※ネットで確認してみるのも良いですよ!

解析結果がわかりやすい

我々は専門用語ばかり並べられても何のことかさっぱりわかりませんよね。
そこは簡単な文章にて構成されており、誰にとってもわかりやすい鑑定結果に仕上げています。
A)医師からのコメント付き
国内の検査機関ならではの強みと信頼性を活かしています。

B)鑑定結果を活かした学習向上アドバイス(ガイドブック付き)
能力を見抜いて終わりではありません。
我々にとっては、その遺伝子をいかに向上させるかが一番注力したいところです。

検査結果をもとに、その性質や特性を活かした学力向上のアドバイスが書かれています。
《算数(数学)、英語、国語、理科、社会》
例えば、記憶力に関してはどのような記憶法を好むタイプなのか、向いているのか。
さらには「文系と理系で言えばどちらに向いているのか」などを判断する。
それらの、具体的な成績アップ方法や教育に役立てるためのガイドブックを提供しています。

これらの検査は、長期に渡り小中学生を対象に指導実績のある「松蔭塾」による監修であり、その指導のノウハウが活かされています。

「GIQ子供能力遺伝子検査」の料金

内容のコスパが高いと前述しました。
学習能力身体能力感性能力ともに25,500円づつかかります。
3つの能力すべてを検査できる「フルバージョン鑑定」コースは69,800円。
3コース別々で申し込んだ価格より約5,000円お得ですね。
(※他社平均は7~10万円程度)

フルバージョン鑑定、個別コース共に他社と比べればかなり低料金ですね。
内容から考えればコスパは高いと言えるでしょう。

「GIQ子供能力遺伝子検査」まとめ

子供の学力の向上は才能の高い部分をより伸ばしてあげたい。
そして逆に弱い部分を知ることにより、その対応能力も効率的に磨いてあげたい。
しいては将来に繋がる架け橋として遺伝子を活用したい。
言葉は悪いですが「無駄な努力」に浪費することこそお子様のためにならない。もちろん親にもそのしわ寄せが返ってきますよね。

しかし、何よりも大事な個人情報です。
流出だけは絶対に避けたい。
そこは所在が公開されている国内の検査機関が検査を行うので安心できます。

検査結果が出たは良いが、どう活かして良いのかわからない。
そのために、「医師」と「遺伝子教育アドバイザー」個別のアドバイスがあります。

さすがに実績がある学習塾が採用している検査です。
おそらく、どこよりも保護者の気持ちに寄り添っている遺伝子検査ではないでしょうか。

公式サイトはこちらから
ドクターコメント付【GIQ子ども能力遺伝子検査】

<<関連記事>>

「遺伝子検査」とは?

カテゴリー

コメントは受け付けていません。

「遺伝子検査で世界最多360項目を解析!」ってどういうこと?